聴いてて恥ずかしくなるアニソンが好きというお話。

アニソンの中でも自分が特に好きなジャンルがありまして。

聴いてて恥ずかしくなる曲が好みです。

でどういう曲かと言いますと。

 

堀江由衣さんのインモラリストが自分の中でジャンル代表曲になっています。

どういう要素がある曲かというと。

・囁きパートがある(声以外無音になるとなお良し)

・構成が複雑で変調やテンポの変化が激しい

・壮大なコーラス

・長いセリフがある

だいたいこんな感じです。

インモラリストは聴いたことが無いなら一度は聴いてほしい曲。

唐突に入る謎のラップ部分とか最高です。

PVのほっちゃん格闘技も見逃せない。

 

最近好きなのはこれ。

www.youtube.com

これもいきなり「選びなさい?」と囁いてくるのがポイント高い。

シンフォニックなメロディラインも良い。

試聴動画には入っていませんがセリフパートが凄くハイレベル。

ぜひ買って聴いてほしい。(これ言いたいだけの記事)

同じ朋花様だとこっちも同じような感じ。

www.youtube.com

これも曲終盤でワルツっぽい3拍子になったり、セリフパートが豊富で良い。

アイマスだと蘭子ちゃん曲なんかもそうですね。

 

www.youtube.com

セリフの恥ずかしさだけならこれもかなりポイント高いんですが

他の要素がちょっと弱い。

男がカラオケでセリフ歌ってると思うとなかなかに面白さがあります。

ソロ曲の中だとダントツに人気あるよね。

 

www.youtube.com

セリフパートがない以外はかなり高ポイントだったのがこれ。

曲名のBlack † Whiteからしてかなりキテます。

 

というような話をTwitterでしたところ、単純に厨二病っぽい曲が好きなんだろうし

妖精帝國とかオススメしとくよ。とのありがたい言葉を頂きました。

大好物でした。

他にもオススメあったらいつでもお待ちしています。

 

来期アニメのチェックと視聴予定とか。

夏に続いて女性向けが多い気がしますね。

気になるアニメを適当に羅列。

 

灼熱の卓球娘

製作会社:キネマシトラス 音楽:MONACA 副監督:かおり

とりあえず観たほうが良さそうな制作陣。

これもう実質ゆゆ式じゃない?ゆゆ式だわ。

卓球しながら興奮しちゃう女の子達のお話。(ちょっと誇張)

EDがWUG!どういう繋がりなんでしょうね。

今をときめく花守ゆみりさんが主演。

独特なキャラデザは結構人を選ぶ感じ。

卓球シーンの作画レベルが高ければコアなファンは付きそう。

ゆゆ式ファンはこれを観てあー実質ゆゆ式だわって言いましょう。

 

ステラのまほう

まんがタイムきららからの刺客。

前期のNEWGAMEと比べられそうな題材。

同人ゲームづくりのお話。公式サイトで出来るミニゲームが本編じゃない?

OPが下地紫野さん。下地紫野さんがOP。

制作シルバーリンクなのでクオリティは安定するんじゃないかな。

お団子ちゃんとツインテちゃんが人気出そう。

 

装神少女まとい

気になる作品第一位。

制作はごちうさでお馴染みのホワイトフォックス

同社初のオリジナルアニメ。

PV見るに和風バトルものな感じか。

初オリジナルアニメ特有のやりたいこと詰め込んだ結果微妙になる路線か。

はたまた……

 

フリップフラッパーズ

SFものらしい。

キャラデザが動かしやすそうでPV見るに作画は頑張ってそう。

全体的にオサレな雰囲気が漂っている。若干百合っぽさもある。

気になる作品第二位。

 

ブレイブウィッチーズ

正直やるのが5年は遅い気がするストライクウィッチーズの新作。

前作までのキャラとは違う部隊なのがどう響くか。

今更新規ファンがつくとも思えないが……

502だとジョーゼットちゃんとロスマンさんが好みです。

 

魔法少女育成計画

原作は1巻のみ読んでます。

どこまでアニメをやるにせよ、まどマギと比べられそうな題材とストーリー。

バトルシーンの作画や演出が良ければ食いつく層もいるはず。

OPが沼倉愛美さんのデビュー曲という点では気になっている。

CD買ってくださいね。

 

意外と豊作じゃない?って気がしてきたけど多分視聴後には

手のひら返していると思います。

 

 

 

 

 

 

 

シン・ゴジラと君の名はを観てきました。

同調圧力に弱いタイプのオタクとしてはTwitterのタイムラインで

感想ツイートが10や20並ぶ上に基本的に好意的な意見ばかりであれば

観に行かざるを得ないよなぁと思い、どちらも観て来ました。

以下ネタバレ含み。

 

 

シン・ゴジラ

特撮は今までほとんど観たことがないんですが、ただただ凄いとしか

言えなくなるような映画でした。

災害として描かれるゴジラ、対応するお偉い方と惑う国民。

中盤までは会議と会議の準備場面がほとんどですが、庵野監督の得意とする

カット割やセリフ回しのテンポ、情報量の多さから成り立っているのが凄い。

普通の監督ならあそこまで長丁場な会議シーンは描けないはず。

映画全体として徹底的に人物のキャラ背景を削っているため、なんとなく

偉い人達が様々な意見の応酬をしてるんだなぁぐらいの認識でも大丈夫なのは

助かりました。人物名も覚える必要ほぼないレベルですし。

とにかくゴジラを災害として描いたら、というテーマをやりきっています。

中盤以降は自衛隊や米軍の攻撃、ゴジラの攻撃シーンが凄いなぁと。

本当にリアル。完全に実写。CGかどうかとか疑う余地もなかったです。

10式戦車クソかっこいい。

 

唯一この映画にケチをつけるとしたらカヨコの存在ですね。

あの人物だけ無駄に背景が多く、しかも現実的じゃないと思いました。

普通に米国人の政治家でも良かったのでは?

核を日本に落とさせないという葛藤を描くために必要だったかもしれませんが。

そこ以外は気になる点がない素晴らしい映画です。

 

好きな人物は尾頭さんと里見大臣。

尾頭さんはコミュ症っぽい早口なしゃべり方と研究者肌なところ。

里見大臣は徐々に責任ある人間にふさわしくなっていったところ。

それぞれ良かったなぁと。

 

君の名は

新海作品は秒速しか見たことなかったです。

率直な感想だと無難に面白いんだけどなにか物足りない。

みつはとたきくんが劇中でなにか足りない気持ちになってますが、まさにそんな感じ。

 

気になる点は現代日本が舞台なのにファンタジー要素に頼っている点でしょうか。

新海作品ならではの背景の圧倒的な綺麗さ、作画の良さ。

東京パートは特にそうなんですが、絵を見るとあーリアルだなぁって思うわけです。

 

でもお話は不思議なチカラで入れ替わりが起きて、隕石落下の被害も

なんとなく阻止できちゃいました。再会して無事に思い出しました。

うーん。

シンゴジラ最大のフィクション要素がどこか、ってなるとゴジラの存在です。

いろんな方向からフィクションと思わせない、もしかしたらあり得るかも・・

ってほどに設定や話が作りこまれた作品を直前に観ているわけです。

 

一方でなんとなく巫女さんでオカルトだからという風に見えちゃうわけですね。

不思議なチカラで入れ替わりが起きてる1点までなら別に気にならないんですが

そこにタイムリープ要素足す必要あったかなぁと。

さらに記憶が無くなる要素も上乗せされるのでお腹いっぱいに感じました。

感動させるための軸が多い気がします。

まぁそこはフィクションでファンタジーだから!と言われればそうなんですが。 

 

背景と作画は本当にそれだけでお金払う価値あります。

みつはがクライマックスで自転車こぐシーンや走るシーン、

たきがご神体の前で祈った後に流れる一連のシーン。

この辺りの動きの丁寧さはほへーって口開いたままでした。

あと入れ替わってる時の性別を感じさせる仕草はこだわりがあって凄い。

 

音楽に関してはよくも悪くもRADのプロモーションだなーと。

挿入歌はもう少し控えめだと良かったかな。

あと声優陣の演技が全員素晴らしかったです。特にみつは。

映画観ての一番の感想は岐阜の方言、かわいすぎやよーってことで。

 

そんな感じです。どっちも面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このラノベがすごい2017を予想してみる。(単行本部門編)

ラノベ部門を予想しておいて単行本をやらないのもなぁという自己満足。

レーベルごとに気になる作品のピックアップ。

 

アース・スターノベル

人狼への転生、魔王の副官

挿絵担当が西E田さんというエッチな漫画家さん。

なろうでの更新頻度が高い+ランキングでも上位。

タイトルがなんとなくおしゃれでかっこいい。

人狼ってだけで惹かれるものはあります。

 

・私、能力は平均値でって言ったよね!

転生したらすべての能力値が平均値になった、というお話。

がまぁ平均値とは言っても実は、というのが話の肝。

主人公がちょっとアホの子。だいぶ残念。

文体も絵もまさしくライト。コメディ寄り。

 

MFブックス

・無職転生

なろう系でこの手の投票やれば無難に上位に入るでしょう。

転生ものの流行は大体この作品からの流れ。

長い+暗いでアニメ化には不向きとの評判だがそのうちやるんじゃないかなぁ。

 

カドカワBOOKS

・蜘蛛ですが、何か?

これもなろうで更新頻度が高い。

転スラのフォロワーの中では抜けて有名な感じ。

PVだと上坂すみれさんが蜘蛛子の声当ててるんですね。

 

講談社BOX

物語シリーズ

投票枠にある以上はランクインするんじゃないでしょうか。

 

GAノベル

・魔女の旅々

売れてほしい枠。

キノの旅からモトラドを引いて魔法要素を足しました、という感じ。

美少女な魔女さんが旅の道中や訪れる国でいろんな人と出会って別れるお話。

全体的に暗いオチが多い気がします。気のせいでしょうか。

短編集なので読みやすい。

 

GCノベルズ

・賢者の弟子を名乗る賢者

ドラマCD付きの限定版が発売済。

美少女に転生したい。したくなる。

ドラマCD版は主人公の声が丹下桜なのも強い。

 

・転生したらスライムだった件

コミカライズ版から入ったんですが面白いです。

スライムがチートな能力を活かして成り上がっていくお話。

スライムじゃなくても良いよね、という感はありますが。

最強になる過程と魔物の国の建国要素のバランスが良い。

全体的にキャラクターが憎めない。

 

TOブックス

・本好きの下克上

本好きのお話は結構あれど、本を作るお話ってのは珍しいんじゃないでしょうか。

NHKあたりでアニメ化してほしいとの要望をちょこちょこ見かける。

長期シリーズで手を出せてないけど、いつか読みたい。

 

1位:物語シリーズ

2位:無職転生

3位:転スラ

と予想しておきます。

 

 

 

 

 

このラノベがすごい2017を予想してみる。

最近ライトノベルを読む機会が増えたので予想してみました。

予想という名の売れてほしい願望混じり。未読の作品も多いです。

レーベル別で気になるタイトルをピックアップ。

 

一迅社文庫

・折れた聖剣と帝冠の剣姫

魔弾の王の作者。庶民サンプルが完結したので一迅社だと最有力か。

一迅社にはこの手の真面目なファンタジーより

頭おかしい路線(褒め言葉)に力を入れて欲しい。

HJ文庫

戦うパン屋と機械じかけの看板娘

2016では新作部門6位にランクインしているので順当に行けば今年も入りそう。

MF文庫

クソゲーオンライン(仮)

売れてほしい枠。

タイトルで衝動買いした、ざるそば(かわいい)の作者の新作。

続刊も決まったのでひっそりと続いてほしい。

クソゲーなMMOの運営についてのお話。

世界の終わりの世界録

MFのファンタジーものでは今一番売れている感じ。

オリコン集計で1万部超え。そのうちアニメ化するでしょう。

ようこそ実力至上主義の教室へ

これをアニメ化しないことがあるのか。

と思う程にレーベルが力を入れているMF文庫のエース。

トモセシュンサクの絵は個人的には好き。

前作の小悪魔ディーリは畳み方の評判がイマイチだったようだが。

Re:ゼロから始める異世界生活

投票期間考えると首位候補筆頭。

アニメの売上的にも2期がありそう。

今の人気はほぼレムで保ってるような気もする。

オーバーラップ文庫

・ありふれた職業で世界最強

クラス転生おれつえーもの。

1巻を読みましたが文章が全体的に固い感じであまり合わず。

たかやkiのイラストは良いと思いました。

ガガガ文庫

妹さえいればいい。

はがないコンビ。

ドラマCD付限定版を出しているので順当に行けばアニメ化までするはず。

2016にも新作部門でランクインしてるので以下略。

カントクの絵は妙に安心感がある。

されど罪人は竜と踊る

かなりの長期シリーズ。18巻まで刊行中。

アニメ化が決まってびっくりした作品。

・ストライクフォール

売れてほしい枠。

宇宙でロボットでスポーツっぽいお話。

物語の構成が某甲子園に連れてってな野球漫画っぽいとの感想が多い。

・筐底のエルピス

読んでる人の評価は高いんだけど、あんまり売れてなさそうな感じ。

こういう作品こそランクインして売上伸びてほしい。

・弱キャラ友崎くん

オタラブコメ

なろう全盛の今この手のラブコメはどうなんでしょうね。

絵師のフライさんの表紙がキャッチーですばらしい。

スニーカー文庫

・この素晴らしい世界に祝福を

アニメも好調で特別言うこともないんですが。

ファン層が近いであろうReゼロに投票が流れてないかが気になるところ。

どっちも読んで投票しますか、そうですか。

・終末何してますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?

2016にもランクインしてたので以下略。

作品の世界観的にアニメ化はすまいと思ってたんですが

まさかのアニメ化。だいじょうぶか。主にお話の重たさ的に。

本編は一旦完結。新編になってタイトルも変わった。

ラストエンブリオ

問題児たちシリーズ。

アニメのアレなイメージが強いんだけどファンは根強い。

前のシリーズとは絵師が変わっている。

個人的には今の絵師の方が好みです。

講談社ラノベ文庫

・異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

この前のコミケで抱き枕化されていた点から。

未アニメ化のラノベの抱き枕はそれなりに珍しい感。

GA文庫

・ゴブリンスレイヤー

TRPGっぽさが独特。

漫画版にレイプシーンがあるのでちょろっと騒がれていた。

タイトルを見るたびに某ニンジャを思い出す。

ゴブリン絶対殺すマンのお話。

・超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

異世界転生もので生きるのがシビアな作品は今まで読んだ事がないです。

設定だけ見るとちょっとダンガンロンパっぽさある。

超人級の高校生の集団ってだけなんだけど。

落第騎士の作者。

りゅうおうのおしごと!

今一番楽しみにしている作品。

のうりんの作者とは思えないほど真面目な将棋ラノベ

勝負事の厳しさを全力で描いていて熱い。

登場人物の半数以上が女子小学生。かわいい。

ダッシュエックス文庫

・メロディ・リリック・アイドル・マジック

売れてほしい枠。

やっぱり全国区のアイドルより地下アイドルとかろこどるを

応援してワイが育てたしてえよなぁ、ってなアイドル青春ラノベ

文章が軽快。

電撃文庫

安達としまむら

百合ラノベってあるようでないよね感。

コミカライズも滅茶苦茶くぁいい。おすすめ。

エロマンガ先生

俺妹コンビ。アニメ化も決まってるし以下略。

・俺を好きなのはお前だけかよ

妙にキャッチーな表紙だなーって思ったらブリキさんだった。

ここ最近の電撃の新作だと一番伸びそうじゃないかなと思っている。

青春ブタ野郎シリーズ

さくら荘コンビ。巻数がわかりにくいタイプのラノベ

電撃で次にアニメ化するのはたぶんこれ。たぶん。

表紙の色使いが淡い感じで凄く良い。

ゼロから始める魔法の書

艦これが流行ったから艦これの絵師に挿絵書いてもらおうぜ!枠。

表紙が島風っぽい。

フィギュア化されるみたいなのでぼちぼち力入れて売り出す感が出てきてる。

ヒーロー文庫

ポーション、わが身を助ける

・セブンス

・薬屋のひとりごと

・最新のゲームは凄すぎだろ

ヒーロー文庫は安定してどれも売れてる感じがする。

特にこの辺りが良く見かける。

ファミ通文庫

・奪う者 奪われる者

虐げられ続けてきたキャラが強くなって逆襲するってのは王道ですね。

ファンタジア文庫

・アサシンズプライド

ファンタジア文庫の大賞作品。

巻数的にランクインは厳しいか。育成もの。

ファンタジア文庫のヒロイン人気投票に入る程度には人気か。

ゲーマーズ

タイトル的にゲーマーズ(店名)がプッシュしてたりするよね。

ブコメものラノベだと今一番勢いあるんじゃないでしょうか。

生徒会の一存の作者。

・金色の文字使い

ファンタジアのファンタジーだと一番王道っぽいのがこれ。

・非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが・・・

挿絵が睦茸ってだけで良いよね。

これも抱き枕が既に出ていたりする。

 

ピックアップだけでもかなり長くなった。

ここからトップ10を予想。

1位:Reゼロ

2位:よう実

3位:青春ブタ野郎

4位:終末何してますか?

5位:ゴブリンスレイヤー

6位:ゲーマーズ

7位:エロマンガ先生

8位:りゅうおうのおしごと!

9位:ありふれた職業で

10位:ラストエンブリオ

 

半分ぐらいは当たって欲しい。

ピックアップのほうはトップ50に入るかどうかで判定。