ガルパン最終章1話の感想。

見てきたので忘れないうちにさっさとまとめとこう、ぐらいの感じ。

Twitterだとネタバレからスパブロまであるのでこういう時に便利ですね。ブログ。

 

・冒頭~OP

冒頭でまず試合で苦戦している場面を描いて試合前に時系列戻すのはTV版っぽい構成だなーと思いました。

FF10っぽいやつね。伝われ。

対戦相手のBC自由学園がどうやら意外と強いという情報を把握したあたりでOP。

Grand symphonyを歌うは佐咲紗花さん。イントロのコーラスがかっこいい・・

www.youtube.com

最近まで知らなかったけどこの人あんこう踊り歌ってるんですよね。

声色違いすぎて気付かなかった。

OPは各チームと各学校のキャラ達が順番に描かれていてかわいい。

(カットの切り替わりが速いからあんま覚えてない。)

 

・~試合開始まで

事前情報、というかキービジュアルだとシリアスな雰囲気を醸し出していたのに

蓋を開けてみれば留年しそうな河嶋桃ちゃん(浪人ともいう)を助けるのが目的。

AO入試のアピールのために戦車道の大会で優勝すっぞ!!となんともな導入。

ガルパンらしい。留年アニメは名作。って誰かが言ってた。

 

で戦力増強のために新しい戦車を探すシーン。

そど子の誘拐シーンはCGと作画混ざりつつ謎に気合入ってて笑ってしまう。

FPSみたいな梯子の登り方と滑り棒にも笑う。

西住ちゃんのお尻たぶん柔らかいよね。と思った滑り降りシーン。

秋山殿はくるっと受け身取るのが上手いのも良い。

 

で新しい戦車があるなら当然乗組員もいるよね、ってことで船舶科の面々が仲間に。

見てる最中には新しい戦車があるなら新しいメンバーいるよねとは浮かばなかったのでちょっと驚き。

新メンバーにさらっといるCV米澤円にもちょっと驚き。歌うめぇ。

華さんの飲み比べがかわいい。鉄線斬るところもくぁいい。

船舶科の皆さんはキャラが濃い。良い。

 

で大会の対戦相手も決まったしいつもの秋山殿による偵察。

中高一貫校エスカレーター組と高校から組がなにやら対立しているご様子。

VFX秋山優花里は伊達じゃない。偵察万能。

意外と余裕か~?って空気のまま試合へ。

 

・試合~ED

試合はあんまり言うことないんですよね。

個人的に良かったところ。

マークIVを助けるうさぎさんチーム。と助けてくれた意図を察する新キャラさん。

・黙らっしゃい!!とか言いそうなBC学園リーダーのマリーさん。

マークIVの全長を知ってるよね?とばかりに秋山殿に質問する西住ちゃんと

即答する秋山殿。信頼が見えてとても良い。夫婦か。夫婦だな。

・ピンチになっても落ち着いてる西住ちゃんの頼もしさが半端ない。

・態勢立て直してさぁこれからだ!!な終わりは予想しててもちょっと物足りない。

まぁ新キャラまだ活躍してないしね。しゃーないね。

・急に歌うよ~

 

そんな感じ。47分はやっぱり短い。

今後への伏線としてまほ姉ちゃんが留学してたりカチューシャ・ダージリンが留学しそうだったり

エリカが隊長になって黒森峰弱体化・・?だったり継続高校の出番はなさそうか・・?

と思わせたり。

サンダースと知波単は変わらなさそうで知波単はちょっとフラグもあったり。

いろいろあるけどたぶんなんだかんだで全員出番あるんでしょ?と信じてる。

 

ガルパンはいいぞ・・